40代からの副業研究所

40代からの副業研究所

★ ステップアップを求めて ★

日焼け止め対策しないと数年経ってシミが現れ後悔するぞ!

 

日焼けを無視していたら数年後にシミやシワが出てきて後悔することになります。

紫外線をほんの20~30分浴びただけでも肌の水分量は減少し、その数十分のあいだにも肌はダメージを受けているのです。

肌の水分量が低下すると角層の細胞が成熟しにくい肌環境となり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥していきます。

角層内には乾燥した細胞が増え、キメも乱れていきます。

その肌荒れが原因となって紫外線による黒化・炎症が起こりやすくなるという負のスパイラルに陥って行くのです。

日焼けをすると肌内部でメラニンが生成されますが、ターンオーバーの乱れによってメラニンがうまく排出できなくなると、「メラニンをつくりなさい」という指令が止まらなくなり、メラニンを根付かせ、シミやそばかすの原因になるのです。

そんな後悔をしないためにも、日焼け止め対策が必要なんです。

「青春時代」は「熱中時代」

♪ 僕の人生はー フィーバー

嵐を巻き起こす フィーバー

って、おい。「人生」ちゃう「先生」やろっ!

いや、いや、今日はフィーバーしていた私の青春時代を語ろうと思って、熱中時代と掛けたんですわ。

 

俺の青春時代の始まりは、家庭環境の不和や目的を持てない時期があって、15.16.17.と私の人生暗くなりかけとった時期があったんです。

大抵の人は同じような時期に人生を脱線しかけるんやけどな。

俺はそんな時に「サーフィン」と出会って人生360度、いや、それは元にもどってるから、人生180度変わって結婚するまで、波乗り中心に全てを捧げた生活をしてたんよ。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180830221709j:plain

 

 

サーフィンがしたいから18歳で自動車の運転免許を取りに行って、仕事もサラリーマンではなく町工場の丁稚奉公で働いて、週末は全て波のある海(ポイント)に向けて車を走らせていたんです。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180830221509j:plain

 

 

このように遊び(波乗り)基準で何もかも考えてました。
それくらい人生を変えてしまったんです。

始動はいつも春一番が吹いた頃から良い波を探し求めて、11月の後半まで波乗りやキャンプなどのアウトドアを楽しんでいました。

その期間は何と20年。

青春をぶつけていた若い頃は日焼けした身体がカッコ良く思って、何一つメンテナンスをしていませんでした。

 

f:id:Duckwalk36:20180830221610j:plain

 

 

日焼けはいずれシミになる。。。。
そんなもん知ったことか!と。

若い頃は、日焼けはいずれシミになるって知識もなく、日焼けで火照った身体は近くの川で冷やし、身体の中からはビールで冷やすと言う超ワイルドな対処しかしていなかったんです。

日焼けのヒリヒリは気合いと根性で我慢せぇーと(笑)

それが歳を重ねるごとに「シミ」が現れてきて汚い素肌に大変身しちゃったのです(泣)

シミで汚い肩や腕や背中を見て嫁さんと娘は「きたなぁー」やて(苦笑)

「シミ」が現れてから慌てたって後の祭りっちゅーやつでんがな。

青春のシンボルやがなと自分で自分に言い聞かせる日々。

対処法として、レーザー治療とかあるらしいけど、男やしそこまでお金かける事でも無いしと思いつつも、多分まだまだシミ予備軍が潜んでいる可能性がありますねん。 歳を重ねて行く度にもっともっと出てくることでしょう。

海で身体を焼いた人達に、そう言う後悔をしてほしくないためにも「ナルク パーフェクトオーバープルーフ日焼け止めジェル」を使って日焼け防止対策にして欲しいんですわ。

事前に対処して置く事で、未然に防ぐ事が出来るし、後々にお金を掛ける事も少なくなるしね。

気になる異性の人から「汚い」と思われたく無いでしょう?

その為には日頃からこまめにメンテナンスをしないといけないんです。

悪くなるのは一瞬ですからね。

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル SPF50+ PA++++

そこで「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル SPF50+ PA++++ 」のご紹介。

 

 

NALC PERFECT UV PROTECTウォータープルーフ

 

 

  • 海でも絶対焼かない
  • お肌に優しい
  • 日焼け後の肌へのダメージを最大限に抑える
  • 5年後のシミ・しわにアプローチ

SPFPAについて

 

f:id:Duckwalk36:20180830221925j:plain

 

SPFとは

SPFはSun Protection Factorの略で、UV-Bを防ぐ指標です。

UV-B(紫外線B波)は、紫外線の中でも皮膚の細胞のDNAに傷をつけてしまい、メラニン色素を増やして沈着させ、火傷(炎症)や皮膚ガン、シミの原因になるのです。

紫外線の中でも最も悪影響を及ぼすのがUV-Bで、そのUV-Bを防ぐ指標がSPFということになります。

現在は「50」が最高数値で「SPF50+」と表示されている場合はSPFが51より大きいと言う意味です。

SPFの数値は、日焼け止めを使わずに日に当たり、日焼けが起こるまでの時間をどれだけ遅らせれるかという目安です。

(通常日焼けまで20分)がSPF50の日焼け止めを使えば、20分×50=1000分(16時間強)となります。

PAとは

PAはProtection grade of UV-Aの略で、UV-Aを防ぐ指標です。

UV-A(紫外線A波)は地表に届く全紫外線の約95%に当たります。

波長が長いので、直射日光を避けてもカーテンやガラスなどを突き抜けて届いてしまいますし、曇りの日でも安心できません。

これが曇りの日でも日焼けしてしまう原因なのです。

短時間で肌を炎症させるわけではないのですが、ジワジワと肌の奥深くまで入り込むため、真皮内のコラーゲンやエラスチンなどにもダメージを与え、シミやシワ、たるみなどの原因を作ります。 いわゆる「肌老化」ですね。

この様にして時間が経つとシミやシワが現れてくるのです。

なので、PAの後ろに付く「+」の数が多いほど、紫外線A波に対する防御力が高くなります。

ですから「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル SPF50+ PA++++ 」は「SPF50+」と「PA++++」と言う表示があるため最強だと言えるでしょう。

海でも絶対焼かないのなぜ

日焼け止めを塗っていても焼けてしまうのは日焼け止めが落ちてしまうからです。

その原因は、汗などの水分と混じりヌルヌルっと崩れて落ちて行くのです。

それを「再乳化」と言います。

「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル」なら水に濡れても再乳化が起こらない技術(三相乳化法)で特許を取っているので「水や汗に強く、海でも焼かない日焼け止め」になっているんです。

お肌に優しい

この様にして最先端の三相乳化技術を採用し界面活性剤を使っていないため、敏感肌の方やお子様にも安心して使えるのです。

日焼け後の肌へのダメージを最大限に抑える

ヒアルロン酸が日焼け後の乾燥からしっかり保湿しお肌を守ります。

グリチルリン酸2Kが日焼け後の炎症からお肌を守ります。

5年後のシミ・しわにアプローチ

「クララエキス」とは、ビクララと言う植物から抽出したエキスの事で、漢方ではクジン(苦参)として用いられています。

シミの原因である、メラニン色素を増やす「チロシナーゼ」という酵素の活性を抑える働きにより、美白作用を示します。

「クララエキス」は化粧品や育毛剤として使われており、クララの根から取れる成分で保湿、収れん、殺菌、血行促進、皮膚コンディショニング、発毛、美白等の機能がある成分です。

この様にして、「クララエキス」がシミの原因になる「チロシナーゼ」の活性を抑制し、「クララエキス」がしわ・たるみの原因になる「エラスターゼ」の活性を抑制します。

後悔しても遅い

今までの日焼け止めは、海に入ると海面に油の様なものが浮いて汚染している様で嫌だったんです。

それと「邪魔くさい」と言うのがあって、手入れを手抜きしていたのですが、こう言う良い商品があの時代にあれば後悔する事なく日々を過ごせたのにって思います。

なので、サーファーの方には特に注意して、良い日焼け止めを使って欲しいのです。

最近、女優の深田恭子さんがサーフィンをしている画像をよく見かけますが、もし彼女が日焼け止めの対策をしていなくて、数年後にシミやシワがたくさんできていたらどう思いますか?

 

f:id:Duckwalk36:20180830222023j:plain

 

私は想像したくありません。
なぜなら私がそうだからです。

なので、サーファー深田恭子さんの今後が心配でなりません。

まとめ

この商品はサラっとしているので、女性の化粧下地はもちろんの事、お子様やクラブ活動をしている学生さんにも使えて家族として使える商品なので、家族に一個あれば日常生活に対しても非常に便利だと思います。

将来シミやシワに対して悩まないで良い様に確実な対策をしましょう!

 

 

NALC PERFECT UV PROTECTウォータープルーフ