読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦の味方 マキタ ハンディクリーナー

主婦の味方 マキタ ハンディクリーナー 従来の配線コード付きの掃除機を使っていたけど、古くなってホース部分が弱くなり、買い替えの時期がやってきました。

そこで検討したのが、まずはハンディークリーナーと言う事。

階段部分や、家具などにコードが引っかかってストレスを感じないと言う点から、充電式ハンドクリーナーを検討しました。

そこで比較対象になったのが下記のメーカーです。

  1. Electrolux
  2. マキタハンドクリーナー

 

Electroluxスウェーデンストックホルムに本社があり、世界150ヶ国において家電および業務用電機メーカーです。

マキタ(Makita)は世界中のプロに認められた日本の電気工具会社です。

Electroluxはかなり静かで軽く、マキタは少し重く感じたけど、吸引力が強力でした。

検討の結果、日本のメーカーであり、吸引力を重視してマキタに的を絞りました。

 

 

色々と調べた結果、マキタは工具メーカーとあってか、イオンモールなどの商業施設や、新幹線でも活躍していて、業務的には信用が確立されていると言う事が分かりました。そして家庭用レベルでもレビュー評価が良かったのです。

中でも、面白かったのが、購入してからお父さんが掃除してくれるようになったとか。

我が家で購入したのは、「マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW」です。

 

マキタハンドクリーナー1

マキタハンドクリーナー2

マキタハンドクリーナー3

 

商品の仕様

電源:リチウムイオン電池(18V) 充電時間:22分 電池パック、充電器付属 吸込み仕事率(W):30 最大真空圧(kPa):3.6 最大風量(立米/min):1.3 集じん容量(L):0.65 騒音値(dB):71 付属品:フィルター、プレフィルター、ノズル、ストレートパイプ、すき間用ノズル、バッテリ、充電器

 

Tノズルは他社の製品と比べて小さく感じますが、これは計算された大きさになって、小回りがきいて奥の奥までしっかり届きます。

手元には、高輝度LEDライト付暗い現場でも使いやすくなっています。 充電バッテリーが手元にあるために重く感じるのがマイナス評価ですが、重く感じる前に掃除が終わるって感じです。

ゴミ出しの時、フィルターの目が詰まると言う難点を攻略するのに使うのが、100円ショップで売っている水切り用のネットです。

水切りネット浅型用

 

このネットをフィルター部分にかぶせてセットすると、フィルターの目詰まりが軽減される上、ゴミを捨てやすくなります。