40代からの副業研究所

40代からの副業研究所

★ 小遣い3000円からの脱出作戦 ★

「永遠の0」の次は友情と絆を描いた「影法師」が良い!

 

永遠の0」の次は友情と絆を描いた「影法師」が良い!

 

武士時代の階級や、制度、心構えなど、今の時代には無い厳しさが、武士道と言う物を作り、男らしさや女らしさを作っていたのだろう。

時代劇物を読むとつくずく「男たるもの」を考えさせられる。

なぜかと言うと、そこには「美」があるからだと思う。

この小説もそんな「美」を描いている。

一揆を起こせば、指揮を振った張本人はおろか、その家族までもが公開処刑になったり、納められなかった軍師も切腹とか。

命を張って、物事に取り掛かる様を考えると、うかつに行動や言動を行えない環境がある。

だからこそしっかり考え、行動を取るから「美」になるんだろうな。

相手の事を考えて、自分は犠牲になり、その事で相手を守り、手柄を与えてあげる。

今の時代なかなか出来る事じゃない。

だからこそ「今」学ばなければいけないのだろう。

男の「美学」は「武士道」なのかもしれない。

広告を非表示にする