40代からの副業研究所

40代からの副業研究所

★ ステップアップを求めて ★

「AIが仕事を奪う」を鉄工所時代から見てみる

18歳で鉄工所に就職し、22歳で「梱包業」に弟子入りし、25歳で独立開業するも、36歳でリーマンショックにより廃業し、現在は大手運送会社に勤務中。

そんな私が体験してきた、コンピューターの進化についてお話しします。

 

丁稚奉公時代

幼少の頃から「手の職をつけたら食いっぱぐれがない」と教えられて育ちました。
地域柄もあって、高校を卒業してすぐ鉄工所に勤め、工作機械の汎用旋盤やマシニングセンターなどを使って、機械部品を製作していました。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180108133615j:plain

 

 

工作機械の中に頭を突っ込んで作業をするので、頭から油まみれになったり、汎用旋盤では、鉄を削る機械なのでキリコ(鉄の削りカス)が飛んできて火傷をしたりしたもんです。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180108133657j:plain

 

 

当時は「3K」と言って「危険」「きつい」「汚い」と言って嫌がられたものです。

 

このキリコはタバコの火より熱いので、紙などがあると簡単に火がついてしまいますし、素手で触ると怪我をしたりします。

 

鉄を削るための刃物を「バイト」と呼ぶのですが、鉄の切れ味や削りカスをうまく逃がす為に、グラインダー(回転ヤスリ)を使って自分で刃物を研ぎます。

 

穴を空けるためのドリルも自分で研ぐのですが、これがなかなか難しく、大昔の職人さんは、ドリルを太陽にかざし、刃物の先や傘の角度を調整しながらドリルを研いでいたものです。

 

私が鉄工所に就職した時は、ドリルを研ぐ機械がありました。


専用グラインダーにドリルを備え付けて、ドリルをクルクル回転させると綺麗には物が研げて、切れ味抜群になるのです。

 

 

コンピューターが内蔵される

 

手作業の工作機械にコンピュータが内蔵され、複雑な加工が出来るようになりました。
コンピューターに加工指示を出す為にプログラムを作ります。


初期の頃は暗号のように穴が空いたテープを読み込ませて作業をしていましたが、モニター画面が搭載されると、コンピュータ言語で打ち込んでプログラムを作っていました。

 

いわゆる「Gゼロ」と言うやつです。

 

だけど、一つプログラムを間違うと、機械が衝突するのです。

 

「ドカーン!!」と大きな音が響き渡り、地震にも似た揺れを感じる事もしばしばです。

 

材料の鉄に刃物が食い込んだり、刃物が折れて弾き飛んだり。


機械には軸となるものがあるので、それが正位置で無いと全ての寸法が狂ってしまうので商品にならなくなってしまうのです。

 

 

対話式でプログラム作成

 

その後は対話形式でプログラムが打てるようになりました。

 

プログラムを打つ時に、その都度コンピューターが問い掛けてくるのです。

 

コンピュータからの「どんな加工をしたいですか?」と言う問いかけに「穴を開けたい」とか「外径を削りたい」とか答えていくのです。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180108133742j:plain

 

 

このようにしてプログラムが完成すると、職人技で勝負する汎用旋盤では到底できないような複雑な形状の加工ができるようになりました。

 

プログラムができると、モニター上でデモンストレーションの映像を映し出してくれるのです。

 

映像が終わると、作業時間まで答えをはじき出してくれるのですから生産スピードを計算できるので作業効率が上がりますよね。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180108133813j:plain

 

 

この様にして鉄工所業界一つにしても、コンピューターが入り込んで、作業効率化され「職人」をいう熟年がなしえる「カン」と「経験」からなる「技」を持った人が必要とされなくなっていきました。

 

即戦力になるのはプログラムが作れるオペレーターです。

 

そしてさらに、最高の機械とオペレーターを引き連れて、工賃の安い諸外国で生産加工する様になったのです。

 

私が携わってきた仕事から見ても、昔はものすごく効率が悪かったのがお分かり頂けるかと思います。

 

今、「AIが人間の仕事を奪う」というテーマのニュースや本をよく見かけますが、作業現場では数十年も前から始まっているのです。

 

コンピューターの導入で企業は肉体労働者・事務部門の人間を減らすことができました。

 

これから第4次産業革命が始まるそうです。

 

作業効率や利益を追い求めるが為の事なので仕方のない事だし、当たり前になっているけれども、 ただそれがむちゃくちゃ速いスピードで日常生活にまで影響する日がやってくるので、対応できる体制を今から取っておかないと取り残されてしまいそうです。

 

 

参考資料

 



転売におけるリサーチ方法

今日はリサーチの方法について解説したいと思います。

 

2017年4月25日から4月3日まで「ワン・オン・ワン・ジャパンツアー2017」と題してポール・マッカートニーの公演が東京ドームや武道館などでありました。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180107141510j:plain

 

 

ポール・マッカートニーと言えば、言わずと知れたビートルズのメンバーで、特に50歳以上の人達にとっては、青春であり、人生にも影響を与えたビッグアーティストであります。

 

ターゲットが50歳以上の人達となると、ある程度お金に余裕がある人達だと思うし、映像をダウンロードして観るのは邪魔臭いだろうし、DVDならコレクションしたいと思う人がいると仮定してリサーチしてみました。

 

 

bluemoon36.hatenablog.com

 

 

 

音楽の媒体として、レコードやCDは多分持っているだろうし、もし無くてもレンタルもできるし、YoutubeiTunesでダウンロードできるので、リサーチから除外しました。

 

早速せどりRank に「ポール・マッカートニー DVD」と「ビートルズ DVD」と検索して見たら、「ポール・マッカートニー DVD」はAmazon在庫切れは少しだけあるものの、新品定価越えしているものはなかったので、「ビートルズ DVD」にターゲットを絞ると、結構ありました。

 

中でも「ハード・デイズ・ナイト [DVD]」はAmazon在庫切れの上に新品定価越えしていたので、これをヤフオクで検索すると、運良く新品が出品されていたので入札してみたらライバルも現れず、すんなりと落札出来たのです。

 

その後、FBA出品するとすぐに売れて利益確定。

 

即売した為、クレジット支払いよりも先に売れ上げが入金される事になるので、そのまま資金を次の仕入れに回せるのです。

 

 

複利」と「単利」

これが例えば利益が5000円だとします。

 

この5000円を使ってしまうのが「単利」で儲けるといい、5000円を仕入れ資金にプラスしてさらに儲ける事を「複利」で儲けると言います。

 

この様に稼いで行くので「せどりは再現性が高い」と言われるのです。

 

今回の様に、コンサートや映画などの公演に合わせて関連商品をリサーチし、利益が出そうならどの様にして仕入れるかを考え、FBA出品すると言う流れが一番簡単な方法ではないかと思います。

 

 

まとめ

 

  • イベントに関心を持つ
  • Amazon在庫切れと新品定価越えを探す
  • Amazonの販売価格より安い仕入れ先を探して差額で儲ける
  • 儲け額を仕入れ資金にプラスし「複利」でさらに稼ぐ

 

これを応用して「お宝」を探し当ててみてください。

コーヒー初心者でも美味しく淹れる方法

今や空前のコーヒーブーム。

コンビニの100円コーヒーを筆頭に、街角にはおしゃれなカフェがたくさん出来、中には自家焙煎コーヒーを淹れてくれて、なおかつお持ち帰りができるというお店まで出来ています。

そして今、ご家庭でもコーヒーを楽しまれる方が多くなってきました。

そこで、コーヒージャンキーの私が初心者の方でも美味しく淹れられる方法をお教えします。

  • コーヒー豆
  • 上質な水
  • 道具

この三つが揃えば初心者でも美味しいコーヒーが楽しめます。

 

 

コーヒー豆の選び方

まずは新鮮なコーヒー豆を選んでください。

ご近所にある自家焙煎コーヒー屋さんがあればいいのですが、そういったお店がない場合、百貨店がお勧めです。

百貨店にあるコーヒー豆販売所は、お客様の回転が早い為、新鮮な豆を置いてある可能性が高いからです。

豆の選び方ですが、味の好みによって豆が違ってきますので、ご自身のお好みの味を表を見て選んでください。

分からないからと言って「ブレンドコーヒー」を選ばないでくださいね。

なぜなら、おいしいコーヒーを探求するためにコーヒー豆を買いに来ているのですから、「ストレート豆」を選ぶようにしてください。

そうすることによってそれぞれの豆の「味」や「クセ」がわかるようにって来ますので。

私がお勧めする豆は「コロンビア」です。
細かく言えばランクがあるのですが、ここでは省略します。

なぜ「コロンビア」の豆をお勧めするかと言いますと、ブレンドコーヒーの中心になる豆だからです。

缶コーヒーの表示を見ていただければわかると思いますが、「コロンビア」を中心に「ブラジルサントス」や「キリマンジャロ」「モカ」などをブレンドしているくらいですから。

そう、ブレンドとは飲みやすくするためのもので、ツウはストレートを好みます。
もちろんブラックで。

必ずしもお値段が高いからと言って良い豆だとは限りません。
良い豆とは「あなたのお口にあった豆」の事を言いいます。

確かに、ブルー・マウンテンは味が整っていて美味しく、コーヒー豆の王様と言われるだけありますが、お値段的に継続できなくなってくるのも事実です。

コーヒー豆を購入したらミルで豆を砕きます。

ミルとは、コーヒー豆を砕く道具のことを言います。
手動のミルと電動ミルがありますが、断然手動のミルをお勧めします。

コーヒー好きはこの時間がたまらなく良いのです。

お気に入りのJazzを聴きながら時間を楽しむのはお洒落で最高です。

 

 

duckwalk36.tumblr.com

 

ミルをお持ちでない場合、豆を購入したお店で「ペーパー用」と言えば粉にしてくれます。

スーパーで売っている豆でも構いませんが、有名会社が販売している豆よりも、スーパー独自で開発している商品が結構イケてたりするものです。

 

落ち着きどころ

今の落ち着きどころはコストコで販売されているコーヒー粉です。

この豆はコクがあって安くて旨いんです。

そう、結果的に「安くて旨いもの」が継続的に繋がるし、それを探すのがまた面白いんです。

 

 

 

 

上質な水

水によって味が一段と変わります。
これはコーヒーに限らず、紅茶やお茶にも言える事です。

あなたのお好みの味にあった「水」を探して見てください。

 

 

道具

色々な道具がありますが、初心者でも簡単に美味しく淹れられる方法という事を考えると、ペーパードリップ方式をお勧めします。

ってか、どんな道具を使っても、結局は「簡単便利」が優先される事になるでしょうから。
まずは、最小限の投資で最高の味を楽しめる方法をお勧めします。

ちなみにネルドリップ方式やサイフォン式、エスプレッソなど色々ありますが、機械や道具にお金がかかる上に、掃除や手入れが大変なんです。

それを苦とせず全ての時間を楽しむのも良いと思います。
私はこういう時間も「コーヒーを楽しむ時間」と捉えています。

 

陶器フィルター

陶器フィルターには「メリタ」と「カリタ」があります。
「メリタ」は「穴が一つ」で「カリタ」は「穴が三つ」空いています。

 

f:id:Duckwalk36:20180104153306j:plain

 

f:id:Duckwalk36:20180104153323j:plain

 

f:id:Duckwalk36:20180104153346j:plain

 

f:id:Duckwalk36:20180104153405j:plain

 

 

お勧めは「穴が一つ」の「メリタ」です。 コーヒーは抽出時間が重要となって来ますので、「メリタ」の場合は「穴が一つ」なので抽出時間が長く、誰が淹れても良い味が出せます。

しかもツウは「メリタ」を選びます。

ちなみに「カリタ」の場合は、お湯を満遍なく濯ぐのにテクニックが必要とされます。

 

 



 

 

淹れ方

まずはヤカンなどでお湯を沸騰させておいてください。

コーヒーの粉は、コーヒーカップ一杯につき8~10グラムがお勧めです。

マグカップの場合はコーヒーカップ二杯分に相当します。

私が今、愛飲しているコーヒーはコストコの商品です。
この商品はコクがある(濃い)ので8グラムで淹れています。

沸騰したお湯をコーヒー専用のポットに移し替えます。
このポットは注ぎ口が細く長くなっているもので、お湯をしっかりゆっくり濯ぐための物です。

コーヒー豆の中心にお湯をたらせて、ゆっくりと外側に向けて「の」の字を書くように全体的にお湯に浸せたら一旦手を止めて30秒ほど蒸らします。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180104153444j:plain

 

f:id:Duckwalk36:20180104153502j:plain

 

 

この時、砂時計があればなおオシャレですね。 (探しているのですが、30秒砂時計で気にいるものがなかなか見当たりません)

蒸らし終えたら、再び「の」の字を書くようにお湯を注ぎます。

泡が白く大きくなったら終わりです。

ここでのコツは最後まで抽出せずに、あと少しというところで引き上げてください。

引き上げないと苦味が増してしまいますので。

 

 

f:id:Duckwalk36:20180104153521j:plain

 

f:id:Duckwalk36:20180104153533j:plain

 

 

素晴らしいコーヒータイムをお楽しみください。

池上彰さんの「情報を活かす力」はブロガー必読書

ブログを書くにあたって、「ネタ」を探すことから始まり、その「ネタ」に関する情報収集をして文章化しますよね?

 

特にアフィリエイターさんなら、その商品に関する情報をどのように集めて活かすことができるのかを考えると思うんですよね。

 

だけど、難しい本は読みたくないし、パッと見てなるほどって知ることができたら最高ですよね。

 

それならプロから学んでみようと思ったのです。

 

情報収集のプロといえば、「池上彰」さんが思い浮かび、「情報を活かす力」という本に出会いました。

 

 

 

 

 

情報活用術

 

  • アウトプットの重要性
  • 誰かに解説するつもりで情報収集する
  • 自分の頭で考える時間を作る

 

アウトプットを前提に考えると、溢れる情報の中から厳選された情報だけを抽出することができ、そして、それを誰かに解説するつもりで編集する。

 

編集するためには自分の頭で考える時間が必要とあるのです。

 

そうすると、誰もが知っている情報はあまり価値がないことに気づかされるのです。

 

相手に話しても「そんな事知ってるよ」ってなってしまうからです。

 

では、人に対して「へえ~そうなんだ」と思ってもらえるような情報を集めるには、いったいどうすればいいのでしょうか。

 

ひとつのコツは、自分の中にわいた、「なぜ」「どうして」という素朴な疑問を大切にすることです。

 

これだけの文章でも、ものすごいノウハウを教えてもらった気になりませんか?

 

シンプルなんだけど、奥が深い。そして何と言っても分かりやすい。

 

この後、ネットで情報収集するときの注意点、新聞や雑誌からの情報収集術、情報整理術までがあり情報収集術のバイブルと言っていいほどの本だと思います。

「どろあわわ」で黒ずみ(いちご鼻)やオイリー肌(脂性)を改善に導く

 

 

思春期時のニキビや、オイリー肌(脂性)の方、いちご鼻の黒ずみがきになる方は、洗顔をきちんとすることで改善されることをご存知でしたか?

まずはその原因を考えましょう。

 

  • 外食が多い(油分や糖分は皮脂を過剰に増やします)
  • 鼻をよく触る
  • マスクをよくする
  • ゴシゴシ洗う
  • 睡眠不足

 

これらに当てはまる人は、いちご鼻(黒ずみ)やオイリー肌になりやすい傾向にあります。

  

そのカラクリは、古い角質や皮脂、ホコリや老廃物が毛穴に詰まり、そのまま酸化して詰まるのがいちご鼻(黒ずみ)の原因です。

 

脂性(オイリー肌)の人は、コンビニやファーストフードなどの外食が多いのではないでしょうか?

 

外食が多いと、油分や糖分が皮脂を過剰に増やすために起こる現象なのです。

 

 

「どろあわわ」で洗顔してみよう!

 

 

f:id:Duckwalk36:20171204121028j:plain

 

 

「どろあわわ」の「どろ」は自然界の掃除役とも言われるくらいの吸着力があり、毛穴の奥に入り込んだ汚れや頑固な角質、余分な皮脂をしっかりと吸い取り、綺麗な肌へと導いてくれます。

 

その上、豆乳発酵液配合なので、肌に潤いを与える保湿力があるほかハリを与えてツヤのある洗い上がりを叶えてくれるのです。

 

早速使ってみたところ、泡立ちもよく、洗い上がりもさっぱりして女性に限らず男性にも良い商品だと思います。

 

 

 

 

洗顔方法

  • 蒸しタオルで毛穴を開く
  • たっぷりの泡で毛穴の汚れを取る
  • しっかりすすぐ

蒸しタオルで毛穴を開く

タオルを濡らして30秒ほどレンジでチンして、約3分程顔に当てて毛穴を開かせます。

「どろあわわ」を泡立てる

泡立てネットに「どろあわわ」を出して、しっかりと泡立てましょう。
そして、顔を包み込むように優しく洗います。

この時、ゴシゴシと力任せに洗うと角質を傷つけて乾燥をひどくさせてしまうので要注意です。

「すすぎは」しっかりと!

「すすぎ」は32度くらいのぬるま湯で、洗顔の2〜3倍の時間をかけてしっかりと洗い流します。

スクラブ入り洗顔はダメ!

スクラブ入り洗顔は、肌を傷つけるため小鼻が赤くなったりします。

それは毛細血管が切れている証拠。

 

 

さらに効果大の裏技

大さじ一杯の重曹を「どろあわわ」にプラスさせて洗顔してみてください。

 

重曹の効果

古くなった角質はアルカリ性で落ちます。
重曹は弱アルカリ性なので、肌への刺激は少なくアトピー肌の人にもお使い頂くことが出来ます。

 

 

専門性を求めると

 

  • ピーリング
  • クレンジング
  • 吸引

ピーリング

ピーリングをする事で手っ取り早く角質を取り除き、黒ずみを抑えることが出来ます。

ただし、肌への刺激が強いため2週間に1回が目安です。

 

 

 

 





 

クレンジング

クレンジングで、さらに汚れを浮き立たせぬぐい取ります。

 

 

 

 

 

吸引

毛穴の奥底にある角質や皮脂、ホコリや老廃物を吸い上げて、肌の掃除をしてあげます。

 

 

手前味噌ではございますが。。。

妻はエステティシャンなので、私もこのコースを体験させていただいたのですが、男性でもクセになるくらい気持ちがよく、こんなに顔が汚れていたのか?! って言う驚きと、綺麗になった時の驚きという二重の驚きがありました。

お客様の中でも、肌が綺麗になったために周りから「最近、綺麗ですね」と声をかけられたりするそうです。

やはりこのようにして結果が現れて、しかも周りの人達から「綺麗」と言われたら嬉しいですよね。

せどり(転売)におけるクレジットカード選び

f:id:Duckwalk36:20171123172437j:plain

 

 

本日は支払いに不可欠なクレジットカードについてのお話です。

 

せどり(転売)をするテクニックとして、商品を早く手に入れて現金化し、仕入れた商品の支払いは遅くしたいのです。

 

なので、締日と支払日は注意しておかなければなりません。

 

締日近くに購入すると、早い支払いが生じますし、締日を終えてすぐ購入すると、あわよくば数ヶ月先の支払いになり、忘れた頃に支払うと言う感じになります。

 

ある日、明細を見て「あれ? この支払いは何の支払いだっけ?」となるのです。 なので、支払いのテクニックとしては良いのですが、感が狂うのが玉に瑕なんです。

 

このテクニックを使うために最善のカードが「セゾンカード」です。

 

ちなみに締めと支払日は、毎月 末日までのご利用で翌々月 4日のお支払いとなります。

どうです、すごいでしょ? そして中でもオススメのカードは「 アメリカンエキスプレスパールカード 」です。

 

 

 

   

 

 

 

ある日、コストコで、iPadminiが売っていました。 その時、かなりのスピードで売れていて残り少なかったために店員さんに在庫確認すると、転売するために大量に買われるお客様がおられると言っていました。 やっぱりね。    

 

 

T-Pointを貯めるカード

 

T-Pointを貯めるには、「 Yahoo! JAPANのクレジットカード 」がお得です。

たまに新規特典としてT-Pointを頂けるキャンペーンをしています。

頂けるポイントは随時変更されるので注意が必要ですが、カードを使わなくてもお得ですし、買い物はもちろんの事、ヤフオクで落札する時にもポイント還元されるし、支払いの時にポイント利用できるので重宝しています。  

 

 

 

 

 

ちなみに私は、この新規特典ポイント還元でプリンターを購入しました。

なので実質、プリンターはゼロ円。タダで手に入れた事になります。

そのプリンターとは「 Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700 」です。    

 

 

 

   

 

このプリンターは史上最安値と言われたプリンターで、ペーパーレスを推進している現代において、最小限の機能しかついていないために激安のプリンターとなっているのです。

 

ですが、プリンターよりもインクが高いと言う変な現象が起きているのも事実です。

 

詰替を買うのならプリンタを買ったほうが安いと言うのは面白いですね。

 

ご家庭で、そんなにプリントアウトしない方はこれで十分ですよ。

 

ちなみに、Amazonはバーコードの滲みなどを防ぐためにレーザープリンターを推奨していますが、インクジェットプリンターでも問題ありません。    

 

 

楽天カード

  TVCMなどでおなじみのカードです。

楽天ポイントを目的に、このカードをメインにされる方も多いようです。

 

 

この様にして、年会費が無料でも使い方次第でお得なカードがあるので参考にして下さい。

noteで経験や思想をコンテンツ化して収益を上げる時代が来た。

 

自分の経験や思想を文章にして、それをコンテンツとして販売できる時代がやってきた。


そのコンテンツに対して100円から1万円までの値段を自分で値付けができるのだ。

 

そのシステムとは「note」と言い、誰でもクリエイターになれて、そのクリエイターとつながる事ができると言うシステム。

 

もっと分かりやすく言うと、「メルカリ」の「コンテンツ版」と言う感じだ。

 

「メルカリ」とは、インターネット上のフリーマーケットで、「モノ」を売って現金化していたものを、「note」は、自分の経験や思想を売る事ができるのである。

 

経験や思想をコンテンツ化して売る事はもちろんの事、写真や音楽や動画までものオリジナル作品を売る事ができるプラットホームなのだ。

 

すごい時代がやってきたものだ!

 

なんせ資金ゼロ円で稼ぐ事ができるんだもの。

 

せどり(転売)などの場合は、仕入れというものが発生し、そのための資金や知識が必要なのに対し、自分の経験や思想が現金化できるのだから、ちょっと頑張れば誰でも出来そうな気がするのは私だけであろうか?

 

 

買い手は不安

 

「モノ」に対しては、いろいろな情報から得た「モノに対する信用」というものがあって、自分の予算の中で買うか買わないかを判断するんだけど、こう言った「情報」には裏付けがないために、無名な人からものを買うには少し不安がありますよね?

 

例えば売主様はどんな人なのか? とか。

 

それを克服するためには、やはり「自分」に対する「信用」が必要になって来ます。
そこでプロフィールが重要になってくるのです。

 

この人はどういう経験をしてどんな人なのかって分かって頂くために、少しでも不安を取り除いてあげるのです。

 

プロフィールというベースがあって、日々の事柄をBlogという日記で公開することによって、 「自分」のファンを作り上げて「自分という商品価値」を上げていかなければなりません。

 

そのために色々な「記事」を書かなくてはならないのです。

 

 

結果的に「人」と「人」

 

こう言った努力の末に、この人から買ってみようと思っていただければ、それだけで儲けものです。


仮にその商品が高くても買っていただける事ができるのですから。

 

ブランド物には「ブランド」という「価値」があるのに対し、「自分」と言うブランドを立ち上げて育てて行くことによって「高くても買ってみよう」と思って頂けるのです。

 

note のサブタイトルにもあるように「つくる・つなげる・とどける」とは、結果的に「人」と「人」なんですよね。

 

 

書籍よりも高い情報

 

私は本が好きで、常に新しい情報を求めて本屋さんに行くのですが、満足する情報に出会う事が少ないのです。

 

特にネット関係の情報などは、初心者用の指南書のようなものばかりで、ほとんどの書籍の内容が似ているのです。

 

っていうか、その方が売れるからなんですよね。

 

本を売る側もあまり高くては売れないから、売れ易い価格帯でそれに見合った内容となると、内容がよく似てくるという事はしょうがない事かもしれません。

 

だけど、こう言った時代になると自分で値付けができるので、著者さんも本にはできなかった内容をネットで公開することによって、本よりも高い値段でコンテンツとして売る事ができるのです。

 

テクニックやノウハウを求めている人はたくさんいると思うので、書籍よりもコンテンツを買う人が多くなる事でしょう。

 

 

販売テクニック

 

「note」だけではなかなか売りづらいので、販売テクニックとして、独自のブログやツイッターフェイスブックなどと連携して販売促進につなげる方法がベストです。

ブログ等から、「この情報販売はこちら」という風に。

やはりブログテクニックの上手い人はこの「note」から収益を上げているようです。